AGAと睡眠時間

AGAと睡眠時間の関係

AGA(男性型脱毛症)のみならず抜け毛、薄毛と睡眠に何か関係があるのか?夜遅く寝るのは髪の毛に悪そう、睡眠時間が少ないと髪の毛に悪そう。なんとなくそんなことを耳にしてことはありませんか?

 

睡眠が髪の毛や頭皮に与える影響はどんなものなのか。
睡眠は成長ホルモンと大きな関係があります。眠っている間にはたらくのが副交感神経。副交感神経の働きによって血管を拡張、血液の流れを促します。頭皮だけでなく体全体の血行をよくする働きをします。

 

午後10時〜午前2時の間が副交感神経が最も活発に働くといわれています。だからこの時間帯に寝ておくのがベスト!寝ている間に髪の毛は成長するんです!だから睡眠は髪の毛の成長に超重要な要素です。

 

だけど午後10時に就寝できる人ってそう多くないですよね。その時間はご飯を食べている、帰宅時間、はたまたまだまだ会社にいる時間だ。そんな人の方が多いかもしれませんよね。

 

この時間に寝ている時間が少ないと抜け毛が増えて薄毛にもなりやすいとされているようですね。

 

しか〜し、新たなこともわかってきたようです。それは必ずしも午後10時〜午前2時の間に睡眠をとらなければいけないということ。

 

薄毛治療を行っている先生の話では理想としてはその時間帯に寝るのがベストなのですがその時間に関係なく更に重要なことが判明してきたようです。

 

抜け毛を予防する5時間!

抜け毛と睡眠時間の関係で新しく分かってきたことそれは睡眠時間を5時間以上とるということ!一日最低5時間の睡眠時間を確保すればあの睡眠ゴールデンタイムにこだわる必要はないということ。

 

これを聞くと少し安心しますよね。先生の話では5時間以上睡眠をとる人と5時間以下の睡眠時間の人の抜け毛の数や頭皮の状態を比べると明らかな違いがあることがわかってきたようです。

 

なるべく早い時間に寝ることを心がけ5時間以上の睡眠、質の良い眠りが髪の毛の成長に良い影響を与えるんですね。

 

抜け毛、薄毛が気にならないうちから気軽にできる抜け毛、薄毛、AGA対策ですね。髪の毛の成長のためには育毛剤や育毛シャンプーの使用だけでなく体の内側からのケアも超重要ですからね。