AGAの原因は?

AGAの原因は?

AGAにどうしてなるの?

どうしてAGAになってしまうのか、AGAの原因はいったい何なのか気になりますよね。AGA(男性型脱毛症)の原因に大きく関わりがあるのが男性ホルモンです。

 

一般に男性ホルモンと私達が日常的に使用していますが正式名は「テストステロン」といいます。通常テストステロンは毛を太くする役割があります。テストステロンの分泌の多い男性は毛深い人が多いのはこのためです。

 

テストステロンの分泌が多い人が抜け毛が多い、薄毛になるというわけではないのです。テストステロンが頭皮の皮脂腺で作り出される「5αリダクターゼ」という酵素によって「ジヒドロテストステロン」という超強力な男性ホルモンへと変わってしまうのです。

 

このジヒドロテストステロンが毛乳頭、毛母細胞にダメージを与え抜け毛、薄毛を促進させる原因なのです。ジヒドロテストステロンはテストステロンの10倍〜30倍も強力な男性ホルモンです。毛を太くするどころか毛母の働きを極端に弱めてしまうのです。

 

毛母の働きを弱めるため髪の毛も細く弱くなってしまいます。毛周期が狂うことにより髪の毛が太く長く成長しきる前に抜けてしまいます。そして次に生えてくる髪の毛も細く弱くなってしまうのです。

 

全ての男性にはテストステロンが存在します。その中でAGA(男性型脱毛症)になる人とならない人がいるのはどうしてか?
大きく関係しているのが
○5αリダクターゼの働きの強さ
○ジヒドロテストステロンに対する感受性

 

この2点が影響してきます。男性ホルモンが多い場合でも5αリダクターゼの働きが弱ければAGAの原因であるジヒドロテストステロンに変わることも少なく影響も弱いのでAGAにはなりにくくなります。

 

5αリダクターゼの働きが弱くジヒドロテストステロンに対する感受性が高い
5αリダクターゼの働きが弱くジヒドロテストステロンに対する感受性が低い
5αリダクターゼの働きが強くジヒドロテストステロンに対する感受性が高い

 

最もAGAになりやすいのは、5αリダクターゼの働きが強くジヒドロテストステロンに対する感受性が高ければAGAになりやすいと推測できます。

 

AGAになる人ならない人がいるのはこのためだったんですね。
アルコールに対する感受性が酔っ払うことに大きく影響するのと似ていますね。

 

 

AGAは遺伝?

薄毛は遺伝するのかどうか!?答えは薄毛は遺伝と関係します!ただ、それが全ての原因ではありません。遺伝が薄毛に影響を与える割合は25パーセントだと言われています。あくまでも遺伝は薄毛に関係している一つの原因でしかありません。

 

薄毛の原因を受け継いだからといって必ずAGAになってしまうわけではないのです!一般には母親のおじいさんが薄毛の場合自分も薄毛になりやすいと言われています。隔世遺伝です。

 

そして父親が薄毛の場合はどうなのか?この場合も自分が薄毛になる可能性はあります。

 

そして生活習慣もAGAと大きな関わりがあるということを忘れてはいけません。